担当営業への直接問合せ

始めての方へ

シール・ラベル・ステッカーを製作する前に、ご了承いただきたい点がございます。このページに記載の注意点は、過去のお客様からのクレームの対象でもありました。ご注文前に、必ずお読みいただければと思います。

透明フィルムへの印刷

透明フィルムに印刷された色は、透けた色(カラーセロハン似)になります。

透明素材に印刷された色は、インクの性質から透けた仕上がり(カラーセロハン似)になります。

白インクの下地印刷(白引き)により、インクの透けをやわらげることができます。
白インク使用の場合は、場合によっては機械や版の数が変更になりますのでご相談下さい。

■白引き印刷について

透明フィルムへの印刷

金・銀紙,金・銀フィルムへの印刷

金/銀素材に印刷された色は、メタリックな色になります。

金/銀素材に印刷された色は、インクの性質からメタリックな色(金属的な色)になります。
特に金素材に関しましては、金色の地色がインクにうっすら透けて見える為、黄色っぽく見えることがあります。

白インクの下地印刷(白引き)により、メタリックな色になるのを防ぐ事ができます。

金・銀紙,金・銀フィルムへの印刷

金色、銀色の印刷表現について

金・銀の印刷は通常印刷では表現が難しくなります

光沢のある金色の印刷は通常印刷(CMYKフルカラー印刷)では表現ができません。
以下の加工方法で表現しています。

①金・銀箔押し加工
専用の「版」を作成し、金色、銀色のフィルムを熱圧着しています。
光沢感がありますが高価なものになります。

②金・銀インク
「金」や「銀」の特色インクを使用した印刷です。
インクですので、光沢の無い鈍い色での表現になります。

③金・銀素材にベタ印刷 抜き文字
金や銀の素材にベタ印刷し、金銀表現をしたい文字箇所をインクのせない抜き文字として表現します。

④CMYKフルカラー表現(擬似金)
CMYK4色で表現しますので、黄色や黄土色になります。光沢はありません。

■金色、銀色の印刷表現について

金色、銀色の印刷表現について

上質紙・クラフト紙・和紙への印刷

素材の表面が粗い為、部分的にかすれてしまいます。

上質紙・クラフト紙・和紙は素材表面が粗い為、印刷された色は部分的にかすれた仕上がりになります。

上質紙・クラフト紙・和紙への印刷

屋外使用での注意点

車両、看板などに使用する場合

  • インクは紫外線に弱く、太陽光(紫外線)にさらされると色あせ(色が薄く変色する)してしまいます。
    屋外や窓際などでのご使用の場合は、紫外線に強いインク(超耐光インク)のご使用をお勧めします。
    超耐光インクをご希望の場合、1色あたり+¥3,000の別途費用が必要になります。
  • 車両や壁に貼る際には、表面の水分、汚れをよく拭き取ってから貼り付けてください。
  • シールと被着面の間に侵入した雨水・ホコリ等や高温により、塗装面に変化が起こる場合がございます。温度が高くなる夏季やエンジン、マフラー部分に張る場合はご相談下さい。
  • 伸縮性がある素材を使用しているため、長期間使用しない場合は少し縮む場合がございます。
  • こすれや摩擦による色落ち防止にはラミネート加工をお勧めしています。
  • 耐久年数に関しては天候や設置場所によって変動するので、一概には言えませんが、耐光性インキの使用、ラミネート加工などの方法により、耐久年数を伸ばすことができます。
色あせについて
PAGE
TOP