担当営業への直接問合せ

金色 銀色の印刷表現について

白引き印刷について

白引き印刷とは、希望する色を印刷する場所の下に先に白を印刷しておくことです。

インクには透過性があり、白地の素材に印刷した場合はそのままの色で印刷できますが、
透明の場合はセロファンのように透けたり、金や銀の素材のものではメタリックな色で
印刷されます。

素材との混色を防ぐ為には、印刷する前に、隠蔽力のある「白」を印刷します。
その白インクに重ねて希望の色を印刷すれば、ある程度混色を防ぐことができます。

黒などの濃色は、白色を下地として印刷しなくても黒色に見えますが、淡い色のピンク色や
黄色や水色などには下地に白引きすることが必要になります。

白引き印刷について

白引き無しの場合

【透明素材】
カラーセロファンやステンドグラスのような透け感のある色になります。
透明ステッカーを貼る面が白色の場合は白引き印刷をする必要がなくなります。

また、黒・紺など濃い色のみのデザインの場合には、下地が透けて見えにくいので
あえて白引き印刷をする必要はなくなります。

デザインによって白引き印刷をするかしないか決まってきます。
【銀・金素材】
銀素材の上に印刷するとメタリックな色に、金素材はすでに黄色が素材に
使われている為、 黄色が混ざったメタリック調になります。

黒など濃い色みのデザインの場合には、下地が透けて見えません。

白引き無しの場合

白引き無しの場合

白引き有りの場合

印刷の前にあらかじめ白いインクを引き、その上に色インクを印刷します。
透明や銀の素材の影響を受けづらくなります。

工程としては素材に白印刷を行ったのち、その上からさらに色の印刷をする為、その分の版が必要となります。

白引きを希望の場合は、デザインデータのほかに白引きしたい箇所を表示したデータが必要になります。
イラストレータデータの別レイヤーにシアンまたはマゼンダの1色にて表示して下さい。

白引き箇所は弊社で作成・調整も可能ですのでご相談下さい。

白引き有り版作成

白引き有りの場合

白引き有りの場合

PAGE
TOP