担当営業への直接問合せ

入稿とデータについて

入稿について

入稿データ有り

入稿に関しては「完全データ入稿」にてお願いいたします。

「完全データ」とは、
修正の必要がない完成された印刷可能な制作データのことです。

弊社の入稿データの校正チェックは入稿されたデータが印刷・カット用の規格(サイズ、余白など)にあっているかのチェックをしております。
デザインやレイアウト、文章の誤字脱字チェックは行っておりません。
文字の校閲はお客様の方で必ず行ってください。

また、文字の修正、デザイン・レイアウトの変更はデータ制作として有料にて承りますのでご相談ください。

データが、5MB以内でしたら、メールに添付してご送信ください。

各担当営業のメールアドレスへ直接送付してください。

データの容量が5MB以上になる場合は、

  • MO・CD ディスクを郵送
  • メール便など大容量ファイル送信サービスの利用
  • FTPでの入稿

をお勧めしております。

不明点ございましたら各利用方法を説明いたしますので、ご注文時にご連絡ください。

データ名は文字化け防止の為、半角英数にしてください。

入稿データ無し

別途データ制作費が必要です。
文章のみ、イラスト使用、ロゴやマークの使用など
内容によってお値段が変わってきます。
他社で発注作成しお客様がご利用しているシール現物からも、
似通ったデザイン・素材での作成が可能です。

入稿できるデータ・原稿形式

基本的にはAdobe illstratorでご入稿いただいております。
JEPG・GIFなどの画像形式も印刷できますが、解像度によっては荒くなる場合がございます。

Word・ExcelなどMicrosoft Officeaのアプリケーションや手描きでのご依頼に関しては弊社にて印刷用illstratorデータの作成も承っております。
※印刷用データ制作料が別途必要になります。

  • illustrator
  • JEPG・GIF・PSDなど画像形式
  • Word・ExcelなどOfficeで
  • 手描き
選ぶ
  • データ不備がある場合は、印刷工程へ進むことができません。
  • データの再入稿もしくはご指示のご連絡が必要となり、受付日が延びる場合がございます。
  • データ作成の際は十分にご注意ください。
  • ※金融業、アダルトコンテンツにおいて各種審査機構を通っていないもの、および公序良俗に反するものはお取扱できません。

illustratorでの入稿

拡張子[.ai]での入稿の際は[.pdf]又は[.jpg]を同時入稿すると、画像や効果の確認がスムーズです。
illustratorのバージョンは製作したソフトのバージョンのままでご入稿ください。

入稿に関しては「完全データ入稿」にてお願いいたします。
「完全データ」とは、修正の必要がない完成された印刷可能な制作データのことです。
弊社の入稿データの校正チェックは入稿されたデータが印刷・カット用の規格(サイズ、余白など)に
あっているかのチェックをしております。
デザインやレイアウト、文章の誤字脱字チェックは行っておりません。
文字の校閲はお客様の方で必ず行ってください。

また、文字の修正、デザイン・レイアウトの変更はデータ制作として有料にて承りますのでご相談ください。

テキストデータのアウトライン

文字化けや文字ズレが発生しないようにフォント情報をアウトライン化(図形化)してください。

作成したパソコンと異なる環境で開くとアウトライン化されていないフォント(書体)が文字化けしてしまったり、字詰めなどデザインの変更が起こってしまいます。

テキストデータのアウトライン
画像の使用について

Illustratorに配置できる画像データはpsdまたはtif形式でお願いいたします。
ご用意が難しい場合はjpg、png形式でもかまいませんが、解像度の高いものでの入稿をお願いいたします。

画像は仕上り実寸サイズで、カラー写真などで最低解像度350dpiが必要になります。解像度が低い場合は表示が荒くなります。

WEB・ホームページ用に制作された画像は、 解像度72dpiである場合が一般的です。
72dpiの画像を印刷するととても荒くなりますので、WEB・ホームページから引用した画像を使用するのはお勧めいたしません。

カラー写真などで、最低解像度350dpi以上。文字や単色イラストなどの印刷では2000dpi程度の解像度が必要になります。(実際に印刷するサイズで)
リンクの状態で設定した場合、画像データ自体も別にお送りください。
埋め込む場合、元の画像データ(jpg・gifなど)を一緒に入稿していただけるとデータ不備時の処理対応が速く行えます。

画像の使用について
塗り足し

塗り足しとは、イラスト・写真・画像など全ての背景を抜きアタリ(仕上がり線)の外側に仕上がりサイズよりも1.5mm程度大きく作成することです。

トリムマーク(外トンボ)まで背景のみ拡大していただくことで、塗り足しを確保できます。

塗り足しがないと、抜きずれが起きた場合にふちが白くなります。

塗り足し
文字切れ

レイアウト端の文字やオブジェクトは、文字切れにご注意ください。

切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、抜きアタリよりも1.5mm以上内側に配置しマージン(余白)をとってください。

文字切れ
塗りのパターンについて

パターンとは、スウォッチパネル(パレット)に登録できる塗りやブラシのデザインのことです。

シール印刷用に当社で面付け・編集をする際にパターンの位置がズレる場合がございます。
ズレ確認の為に必ず作成したillustratorデータとは別に[pdf形式の出力見本]の同時入稿をお願いいたします。

jpg等の画像データは分割しないでください。
・画像は埋め込みか、aiデータと一緒に入稿してください。

透明効果について

乗算や透過を利用してデザインした場合、版作成時に調整等行う場合がありますので、そのままでの入稿をお願いいたします。
効果や色の違いを確認できるように、[pdf形式の出力見本]の同時入稿をお願いいたします。

また、入稿時に透明効果を使用している旨、弊社担当営業に伝えていただけますと、製版部でもスムーズに作業が行えます。

シールの形抜き指示について

シールの形を細線・ガイド線・トンボ線により示してください。

シールの抜き形アタリ線につきましては鋭角のないゆるやかなパスで作成してください。
鋭角は形抜き不良やシールをめくり上げるときに破れることがあります。
パス数が少なく、角にまるみのあるゆるやかな形ですと、めくりやすいシールになります。

複雑な変形抜き型は単純な四角・円に比べて高額になります。
ゆるやかでパスの少ない簡単なラインにすることで刃型の価格がかわります。

断ち切りで変形カットをご希望時のご注意

変形での抜きズレ

変形で色の境目がある場合、塗りたしで断ち切りのカットは可能ですが、0.0数mm程度の若干のズレが出る場合があります。
大きなズレは検品にて取り除きますが、ごくまれに若干の抜きズレが混ざる場合があります。
懸念される場合は絵柄外側に白フチをたしたデザインにてカットをおすすめいたします。

シールの形抜き指示について

多面付け合せ・キャラクターシート 作成のご注意

付け合せシート キャラクターシート

他面つけやキャラクターシート作成の場合、仕上がりサイズの断裁線とデザインやカットラインが近いとシール素材がよれたり、デザインが切れてしまうなどの恐れがあります。
ハーフカットのラインや文字や絵などのデザインは断裁線より10mm程度内側に配置するようにしてください。
デザインを断ち切りにてご希望の場合は、断裁線より外側10mm以上の塗り足しをお願いいたします。

【参考】多面付け・キャラクターシール等について (多面付け/1シート)

JPEG・GIFなどの画像形式

画像の解像度について

illstraterのデータでなくとも、JPEG・GIFなどの画像形式からもシールを作成できます。
画像での入稿の場合、psdまたはtif形式を推奨しております。

ご用意が難しい場合は高解像度のjpg、gifでのご入稿も承ります。
jpg、gif入稿の場合は解像度や画像の性質などから、画像印刷の鮮明さ(荒さ)、色の調整などが難しくなる場合がありますのでご了承ください。

画像は仕上り実寸サイズで、カラー写真などで、最低解像度350dpiが必要になります。
モノクロ印刷の場合は2000dpi以上の解像度が必要です。解像度が低い場合は表示が荒くなります。
WEB・ホームページ用に制作された画像は、解像度72dpiである場合が一般的です。72dpiのまま印刷すると、絵柄・文字のエッジ (輪郭)がぼやけたり、ギザギザした粗い感じの仕上がりになってしまいます。
カラー写真などで、最低解像度350dpi以上、文字や単色イラストなどの印刷では2000dpi程度の解像度が必要になります。(実際に印刷するサイズで)

【psdデータでご入稿の場合】
仕上り実寸サイズで、カラー写真のみなどで、最低解像度350dpi、文字や単色イラストなどの印刷では2000dpi程度の解像度が必要になります。
●文字、背景、画像などは別レイヤーにしてください。
●文字はフォントをアウトライン化 (ラスタライズ)してください(書式→テキストレイヤーをラスタライズ)

画像の解像度について

Word・Excelなど Officeで

印刷用データを弊社で製作いたします
印刷用データ製作料が別途必要になります

ワード・エクセル等の文章データを元に、当社でillstraterを使って印刷用データを製作します。

データ作成の費用は、作業内容によって異なりますが、 簡潔な文章(タイトル1行のみなど)の簡単なもので¥2,000から、
時間のかかる作業ですと作業1時間あたり¥6,000 がかかります。

データが完成次第、お客様にデータ(pdf形式)もしくはプリントアウト見本をお送りします。

手描き

印刷用データを弊社で製作いたします
印刷用データ製作料が別途必要になります

手書きなどの原稿を元に、当社でillstraterを使って印刷用データを製作します。

FAXでお送りいただいても結構ですが、細かいデザイン・判読しづらいデザインの原稿は、できる限りご郵送にてお送りください。

データ作成の費用は、作業内容によって異なりますが、 簡潔な文章(タイトル1行のみなど)の簡単なもので¥2,000から、時間のかかる作業ですと作業1時間あたり¥6,000 がかかります。

データが完成次第、お客様にデータ(pdf形式)もしくはプリントアウト見本をお送りします。


弊社では全ての入稿データを確認してから印刷工程へと進めます。
但し、弊社スタッフが行うデータ確認については、あくまでも印刷データとしての適正確認のみとなるため、誤字や脱字、デザイン面やデータ上の色味などについては、確認の対象とはなりません。
データを制作される方・入稿される方での十分なご確認の上、データをご入稿ください。

お手持ちのプリンターなどで印刷された色味は実際の印刷の色味と異なります。
ご入稿頂きましたデータで標準出力で製版のうえ印刷になります。
特色カラー指定や色見本での色指定を除く、プロセス4色カラーの印刷の場合には、弊社では仕上りの色味に関して印刷工程上の問題がない限り(許容範囲内のぶれを含む)一切の責任を負えませんので予めご了承ください。
ただし、本紙・本機校正を行った場合で本製造時に許容範囲外の色ぶれが生じた場合にはこの限りではございません。

※入稿データに関して、お客様のご希望により弊社にて修正を行う場合には、
別途修正費用がかかり、また納期も修正に要する日数分ずれる場合がありますので予めご了承ください。
※弊社でのデータ確認にて問題が見つかり、お客様へのご連絡が取れない場合(電話が繋がらない・メールのお返事がないなど)確認が取れるまでストップする場合があります。
この場合、当初の納期に納品ができない場合がありますのでので予めご了承のうえ、連絡が取れる電話番号などを必ずお知らせください。

PAGE
TOP