担当営業への直接問合せ

仕上げ方法

仕上げ方法

ロール仕上げ|シート仕上げ|1枚カット仕上げ|全抜き仕上げ

仕上の方法は主に4種類あります。用途によってお選びください
方法によって価格が異なりますので、お見積もりの際にご指定ください。

ロール仕上げ

ロール状にシールを巻いた状態です。
多量に使用する場合はこの形態がスタンダードです。

【用途】
シール貼り専用機械を使用する場合
天井から吊るして作業したい場合

ロール仕上がりをご希望の場合、
  • ・紙管直径サイズ
  • ・1ロール何枚巻き(リードや予備のあるなし)
  • ・シール出し方向 天地左右
等の仕上がり指示を頂いております。
ロール仕上げ
指示の無い場合は弊社にてとりあつかいやすい仕様にてご提示いたします。
ロール仕上げ

シート仕上げ

シールを5~10枚づつを1シートとして、カットした状態です。
枚数・シートサイズは指定できます。

オンデマンドでの少量印刷では主にA3またはA4サイズのシートに最大数のシールを配置して納品しています。

【用途】
シール自体をまとめたい
商品に手作業で貼る場合

シート仕上げ
シート仕上げ

1枚カット仕上げ

シールを1枚づつカットした状態。シール部分より台紙
(セパレーター) がひとまわり大きくなっています。

【用途】
ステッカーとして販売したい場合
ノベルティグッズとして配布する場合

1枚カット仕上げ
1枚カット仕上げ

全抜き仕上げ(断裁)

シール部分と台紙(セパレーター)を同じ大きさにカットした
状態です。
円・四角形・角丸など様々な形式にカットできます。
形の複雑さによって料金が異なってきます。

【用途】
ステッカーとして販売したい場合
ノベルティグッズとして配布する場合

全抜き仕上げ(断裁)

台紙(セパレータ面)にスリットを入れることもできます。(有料)
スリット箇所は、「縦横」「端から何mm」「何本」等の指定が可能です。

全抜き仕上げ(断裁)

セパレーター(台紙)について

セパレーター(台紙)はシールサイズより大きくなります。

台紙は、最低でも+1.5mm(上下左右)大きくなります。
台紙サイズとシールサイズを同じにする場合、「断裁」または「全抜き」の工程(別途費用)が必要になります。断裁費・全抜き費は枚数によって異なります。

セパレーター(台紙)について

格子状半抜きについて(シート仕上げ・四角形のみ対応)

シールのカットを格子状にすると価格がお安くなります。

シールとシールの間隔をあけずに格子状にカットすることで、印刷面積が増える分、使用する素材のシート数を減らすことができます。また、カット作業も早くなります。

  • ※シート仕上げのみ対応です。
  • ※カットの形状は四角形(長方形・正方形)のみとなります。
  • ※シールとシールに隙間が無いため、はがしづらい場合がございます。

格子状半抜きについて

多面付け・キャラクターシール等について(多面付け/1シート)

指定サイズのシート内に何種かのハーフカットをいたします

複数デザインのシールを1枚のシートに自由にレイアウトして作成する場合です。
シール1つずつをハーフカットし、所定のサイズで断裁(四角カット)して納品いたします。

お客様にてデザインレイアウト・カットラインの指示まで行ったデータを入稿願います。
弊社にて行う場合は料金が加算されます。

格子状半抜きについて

【参考】多面付け合せ・キャラクターシート データ作成のご注意

PAGE
TOP